家の主治医.comのコンセプト

家の主治医.comのコンセプト

HOME > 家の主治医.comのコンセプト

家の主治医.comのコンセプト

施工実績数=お客様満足度ではない

よく「施工実績多数あります」と看板などで宣伝している業者を見かけますが果たして施工実績が多いからお客様にとって良い業者と言えるのでしょうか?
施工実績の数が少ないよりも多い方がお客様の安心感はあるかもしれません。いろんなタイプのお客様がいらっしゃるのは事実ですし、いろいろな現場で一生懸命対応されている担当者がいらっしゃるのも確かなことだと思います。しかし、施工実績数をあげるためにお客様に納得していただくより、説得して現場をこなす業者が多いのも事実です。売りっぱなし、やり放しの業者に騙されないためにも、施工実績数という数より実績の中身をじっくり見て業者選びをされることをお勧めします。

得て不得手があって当然

設計事務所にしろ、建設業者にしろ、どんな仕事でも同じレベルの仕事はできません。
一級建築士でも意匠が得意な人もいれば構造が得意な人、現場を納めることが得意な人、極端ですが建築の事をあまりわかっていない人もいます。誰でもどんな仕事に携わってきたかによって得手不得手が出てくるのです。分譲住宅系の木造住宅が得意な設計事務所と工務店が鉄骨造のワンルームマンションの工事をした建物を見せてもらったことがありますが信じられないような施工がしてありました。詳しくはお話しできませんが得手不得手を無視してお金儲けだけで工事を請け負う(設計・監理する)と、もはや得手不得手のレベルじゃなく詐欺に近いことになってしまいます。建築というのは(特に住宅系は)お客様の財産を建物という形にしていかに永く値打ちあるものとして所有していただくかということだと思っています。

本来家は買うものでなく建てるもの

昔の人は家を建てることを普請すると言いました。それぞれのお家にお出入りの工務店(大工さん)があって、そこの棟梁(工務店の社長)にとにかくお願いするのが当たり前の時代もありましたし、現金を持って建築の依頼にお客様が工務店に出向くということも聞いた事があります。昨今ではハウスメーカーもたくさんあり、規格の住宅をいろいろな工法で建てるメーカーも出てきました。お客様のほとんどが設計事務所に頼むと高くつく、坪単価が安い業者・メーカーで十分じゃないか、と思っていらっしゃると思います。モデルハウスを見学に行ってこんな感じがいいとか、こっちの感じがいいとか夢を見られます。
確かに実際建っているものと同じような建物ができると思うと安心ですよね。土地共で融資も受けやすいし、一生一度の大きな買い物になることの不安感も少なくて済むからだと思います。しかしながらお客様の個性とか住まい方とかで画一的な建物を買って満足でしょうか?将来の家族構成、他の人とは違う価値観・ライフスタイルを考えるとやはり家は出来上がっているものを買うとか、規格の住宅を買うとかではなく、土地があるならその土地・周りの環境にも配慮した、土地がないなら土地から探し、一生一度の大きな買い物として価値あるものを建てるのが目指すべき方向ではないかと思います。

建ててからのメンテナンスが大切

私は建物を引き渡すたびに「この建物は今が一番いい状態だと思います。これから経年劣化もあって少しずつですが状態が悪くなっていくことも事実です。建てるまでより建ててからのお付き合いを永くお願いしたいと思っています。」、と申し上げます。分譲マンションなどでは月々の管理費に共用部分の修繕のための積み立てていただけると安心なのでしょうが中々そのようにはいきません。水回りのパッキン類、コーキングは経年劣化しやすいのでそれなりの覚悟が必要ですが部分補修で済めば大きな費用はかかりません。外装の塗り替えとか大きな費用がかかるものも日頃のメンテナンスが大切です。ハウスメーカーなどは別会社のリフォーム会社にメンテナンスという名の営業に回らせます。他の業者に入られると自社の見積りが高いことがバレてしまうのでこまめに回ります。お客様も建ててくれたメーカーの直メンテナンスと錯覚して安心を買うつもりで任せてしまいます。
安心は買えるかもしれませんが高い買い物になってしまいます。少々のことはメンテナンスでサービスできるはずなのにその時は別会社なのでということを盾にして無償ではしてくれません。ハウスメーカーさえが、建てっぱなし、売りっぱなしが現実です。建てた工務店がその建物のお守りをするのが本来のあるべき姿だと思いますが、フォローしてくれない業者が多いです。だから私どもに相談される方がたくさんいらっしゃいます。ありがたいことですが複雑な気持ちです。

営業マンは営業のプロがほとんどだが建築のプロはほとんどいない

あるリフォーム工事専門業者の店長クラスはみんなベンツに乗っていると聞いたことがあります。その会社の求人がよく新聞などに載っていた記憶もあります。外壁の塗替えの営業マンは築20〜30年の分譲住宅の団地に行って片っ端から営業をかけます。誰が見ても塗替えが必要だろうという住宅はプロじゃなくてもひと目で分かります。むしろ素人目線の方が分かりやすいかもしれません。建築の経験が無い営業マンが見積りを出来る訳でなく、その会社の専属の塗装業者が見積りして、営業マンの給料(歩合)と会社の儲けを乗せた見積書を作ります。私たちプロからすれば、金額の高低も材料の善し悪し、工事の善し悪しも無責任極まりない状態です。せっかく足場をかけるなら樋も替えましょう、サッシも替えません、なんなら内部のリフォームも、と売上をあげようとするのです。
その住宅に今一番必要なことは何か、その方法はどの方法がベストなのか、判断できる建築のプロが必ず必要なはずなのです。

ハウスメーカーの建物も品質が一定にできない

ハウスメーカー、分譲住宅の建物の品質は大工さんの力量に依ることが多い。一部工場で内装工事まで出来上がってくる建物はそんなことにはなっていないが、在来工法に関わらず、2×4のメーカーでさえ、どんな大工さんが施工してくれるかによって品質が変わってくる。過去ハウスメーカーで2軒新築してきて、雨漏り、結露などに困ったお客様が相談にこられ、3軒目もあるハウスメーカーに建ててもらおうと思うが監理だけお願いできないかと言ってこられた。もちろんそのハウスメーカーにも設計事務所がいて(外注であったが)監理もすることが契約書にもうたってあったにも関わらずもう一人監理する人間を必要だと言われた。大工さんを選ばせてもらうことも条件で工事が始まったが日頃お付き合いのない大工さんんの力量はなかなか判断出来るものではない。たまたまいい大工さんチームが担当してくれたので、雨漏りしやすい箇所などのチェックを重点的に見て写真を撮ることで無事完成引渡しして喜んでおられるが、そこまでしないと安心していただけないとはなんと情けないことであろうか。天井裏にグラスウール断熱材が束のまま放りこんであった住宅にお目にかかったこともあるし、2階のお風呂が水漏れして天井をめくったらひどい工事がしてあった住宅も知っている。職人さんの教育に何処も苦心されているとは思うが監理不足は否めない。

水道屋さんのリフォームって?!

俗に言う水道屋さん、住宅機器工事業者がリフォーム工事をよくされている。主に有名メーカーの住宅機器を○○%オフで納めますとの謳い文句である。最近ではインターネットで商品の価格がいくら位の相場であるかがお客様にも見えてきているが、単純に便器を替える工事なら誰が工事しても善し悪しは大差ないだろうが、バリアフリーとか湿式の床から乾式の床に替えるとかになると水道屋さん、大工さんの知識・判断でいいだろうか?
目先の○○%オフだけの判断での業者選びはかえって大きな間違いだと思う。その程度の値引きは大抵の工務店でもできるはずだし、業者選びの選択肢はもっと多いはずである。
もちろん予算ありきだが、どこまでの工事が今必要なのかをちゃんと判断出来る人間が関わらなくてはいけないはずだと思う。

手間暇かけた建物はやっぱり寿命が永い!

弊社は今年で25周年を迎えるが、じっくり手間暇かけて建てた建物はいつまでもしっかりしている。17年前に建築させていただいた住宅の外壁の塗り替えを昨年させていただいたが、水回りはさすがに給湯器を交換したとかエアコンが壊れて取り替えたとかはあっても基本的なところはシャンとしている。もちろんお客様の住まい方も丁寧で大事にされているからだろうが1ケ月ほどで完成してしまう住宅の寿命ってどれくらいなのだろうか。日本の住宅は欧米などに比べて寿命が短いと言われる。もちろん気候風土によるところは大きいだろうが、設計者、各業者、お客様が一所懸命知恵を出した建物は長生きするはずである。

健康住宅は本当に健康に良いのか?

健康食品のTVCMがやたら多い。住宅も健康ブームであるようだ。健康住宅を謳い文句にしている工務店も結構あるが、本当に健康に良いのだろうか?☆☆☆☆のついていない建材はほぼないし、ついてなくても無垢材など適用外の建材しか市場にはない。それでもシックハウス症候群にかかってしまうのはなぜでしょう。花粉症などアレルギーに対する抵抗力の容量は各人それぞれ決まっていて容量を超えた時に症状が出てくると言われている。
住宅の建材もホルムアルデヒドとクロルピリオスと2種類は規制をされているが他にも有害物質はいっぱいあって、集成材・合板などを使っている住宅は健康住宅とは言い難い。
24時間換気に頼らなくても、外気が安全だとは限らないので、極力有害物質を発生させない材料で住宅は建てるべきである。特に、赤ちゃんなど容量のまだまだ少ない人間にとっては少しの有害物質の発生が大変危険である。一番安全であるべき家の中が実は汚染されているとは怖い限りである。☆☆☆☆だから安心ということの間違いに気づいて欲しい。

※☆☆☆☆の構造用合板に印刷されているのは「低ホル」という文字である。

施工事例

家の主治医.com
運営会社:
株式会社 橋本建築事務所
〒606-8247
京都府京都市左京区田中
東春菜町19
TEL:075-723-7770
FAX:075-723-7773