キャンバスホーム

キャンバスホーム

HOME > キャンバスホーム

キャンバスホーム

新築の場合:自然素材を活かした快適で安心な住まいづくりを提案 【キャンバスホーム】

当社では、本物の自然素材を使用し、「家族の未来と健康を守る自然素材住宅」をコンセプトとし、素材を活かした快適で安心な住まいづくりを目指す自由設計の家を作っていきます、それが ”キャンバスホーム” です。

化学物質過敏症やシックハウス症候群の現状

我が国の住宅は、国産生産された建築素材、いわゆる新素材と言われる材料を多用した住宅がほとんどを占め、その多くが化学物質過敏症やシックハウス症候群の原因物質を含んだもので造られております。

新素材は国が定めた基準の F☆☆☆☆ になっており、安全をクリアしたもので「大抵の人には影響が少ない」と言われておりますが、シックハウス症候群の原因物質には60種類以上あるのにかかわらず、F☆☆☆☆ の基準物質は2種類にしか適用されておりません。しかも低い数値に抑えているだけで0の数字にはなっておりません。

また58種類の残りの物質に対しては基準がないのと同然です。

本物の天然素材にこだわり、健康で癒され、やすらぎのある安心な住環境
私たちの”キャンバスホーム”では、無垢の木材はもちろん、日本伝統の和紙や珊瑚を主原料とする塗り壁材、お米など天然食品が主原料の天然接着剤など、本物の天然素材にこだわり健康で癒され、やすらぎのある安心な住環境を皆様にご提供することを使命としております。

自然素材のご紹介

天然塗壁(和紙・珊瑚)で防カビ・光触媒機能
ビニールクロスを不使用とし、和紙や珊瑚で塗壁。
さまざな効果があります。

・酸化チタン配合で光触媒効果
(ホルムアルデヒド等有害物質の吸着)
・ホタテ粉末で防カビ効果
・消臭・断熱効果
・調湿効果
・マイナスイオン生成


無垢木(檜・杉)の浮造り
手入れが行き届き、美しさと強度に優れた銘材・吉野檜。
厳選から加工まで逐一検品をし、化学薬品等は一切使用しません。

また、浮造り(うづくり)とは、木の年輪を際立たせる加工。
木の風合いを目と肌で感じられます。


高強度・食品ボンド
食材を主成分としながらも、なんと木工用ボンドの7倍強度を誇ります。
合成樹脂等の化学物質は一切含んでおりません。

作業時にも刺激臭や刺激感がない上、処分・焼却時も、ダイオキシンや土壌汚染の心配がありません。


高級羊毛断熱
水蒸気を細胞内に取り込む羊毛は、結露を起こしません。
厳選した羊毛を防虫・滅菌加工し、3次元編込加工することで、従来の断熱材にある経年劣化という欠点を克服しました。

また、羊毛には、空気清浄機能・調湿機能があります。

リフォームの場合


減築
”減築”とは、読んで字のごとく「建築した家を減らす」という事で、つまり床面積を減らす事です。
高齢者夫婦が、子供が独立した事により2人になった際のリフォームで行われる事が多いです。減築するメリットは、「住宅の総重量が減ることによる耐震性能の向上」「通風性・通光性の向上」「効率的な冷暖房」などがあります。

外構
住宅などの敷地内で、建物の周りに作られる塀や生け垣、門扉、車庫、庭、アプローチなどのことを指します。また舗装工事、排水工事、造園植栽工事なども含まれます。

マンション
一戸建ての改装とは違う様々なメリットがあります。一例として、躯体はRC(鉄筋コンクリート)造や鉄骨といった頑強な構造なので、木造住宅のように耐震や強度不足のための補修をする必要がなく、その分の予算を、間取りやデザイン性の変更に大きく向けることができます。マンションをリフォームすることは、与えられた間取りに合わせて暮らすのではなく、住む人に合わせた快適な間取りで暮らすこととも言えます。

高齢者住宅
高齢者や体に障害のある人でも生き生きと自立して暮らせるようにさまざまな工夫をした住宅です。床や出入口の段差解消、廊下・出入口幅の確保、手すり設置、浴室などの広さ確保、昇降し易い階段の寸法・形状、将来介護が必要になった場合でも改造し易い間取りなどの配慮をした住宅です。住宅金融公庫などでもバリアフリー住宅の融資制度を用意しております。

施工事例

家の主治医.com
運営会社:
株式会社 橋本建築事務所
〒606-8247
京都府京都市左京区田中
東春菜町19
TEL:075-723-7770
FAX:075-723-7773